【レビュー】3480円の格安のタブレット「Fire タブレット」を使ってみた感想

この記事が少しでも良いと思ったらシェアお願いします。

皆さんはお金を使いたいですか?
ほとんどの方の答えが「NO」だと思います。

お金を使わずにタブレットがほしい
そういった方に向けて今回の記事を書きました。

そんな格安の「Fire タブレット」を数ヶ月使ってみて感じたことをゆる~く紹介します。

1、外観

やっぱり見た目は気になりますよね?
まず正面から見た写真です。

醜いかもしれませんが結構ふちが太いです。
見た目を気にするならiPadなど他のタブレットにするとよいと感じました。

続いては裏面です。

すごいAmazonをおしてますよね?
まぁAmazonの商品なので仕方がないのですが(笑)

最後に画面をつけてみた写真です。

画面をつけると初期設定のままでは広告が表示されてしまいます。

それが嫌だという方は
設定→アプリとゲーム→Amazonアプリケーションの設定
→キャンペーン情報→ロック画面のキャンペーン情報をオフにすると

広告を消すことができるのでkindleを買って広告を消したい場合は参考にしてください。

↑の3つの写真を見て
このkindleってどれくらいの大きさなの?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。
「大丈夫です。しっかり用意してますよ。」

右側の端末はiPhone6sです。

Fire タブレットはタブレットにしてはコンパクトに作られていますね。

ここで豆知識。Fire タブレットは7インチでiPhone6sは4.7インチです。
2.3インチ違うだけで結構差が出ますね。

2、使い心地

私は今現在「Fire タブレット」をアニメ観賞用に使っています。
(アニメの話をいろいろな方としたいのでコメントください(笑))

私の趣味は置いておいて

動画を見るだけなら「Fire タブレット」は
最高にコスパの良い端末だと感じています。

解像度も1024 x 600なのでiPhoneなどと比べると
多少は低くなっていますが、めちゃくちゃ汚く感じることはありません。

しかし、ゲームをやろうと思うと
タブレット自体がゲームをやるために作られているのではないので
カクカクします

それにkindleはAmazon Androidアプリストアという独自のストアを使っているので
もしかすると「したいアプリができない。」という状況になるかもしれません。

↑のような点があるので、「Fire タブレット」を
もしゲームをするために買おうとしている方はほかの端末にすることをオススメします。

気になるところで言えばカメラの画質なども気になるかもしれません。

実際にFire タブレットとiPhone6Plusを使って同じものを撮ってみました。

↓Fire タブレット

↓iPhone6Plus

いかがでしょうか?

普段あまりカメラの機能を使わないので気が付かなかったのですが、
iPhoneってカメラの画質良いですね。
Fire タブレットは画質はそこまでよくないので
画質は必要ないけど写真は撮らないといけないときに使うbおまけ
だと思っておきましょう。

(Fire タブレットは本来、本を読むために作られたはずなので
なぜカメラ機能がついているのが疑問なのですが…)

3、使ってみた感想

私はアニメ観賞用としているので支障はありませんが
ゲームをしたい」という方には不向きだと感じました。

なので「Fire タブレット」はゲームをしない動画観賞に使うのが最適です。

ゲームはできないとは言っても一応対応はしているので
もし「ゲームがカクカクしてもいいからやってみたい
という方は1度やってみてもよいのではないでしょうか?

4、購入はこちら↓↓↓

ちなみにFire タブレットは常に3480円ではないのでご注意を

この記事が少しでも良いと思ったらシェアお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です