【PowerIQ搭載】25,600mAh の大容量モバイルバッテリー「Anker Astro E7」を使ってみた感想

この記事が少しでも良いと思ったらシェアお願いします。

皆さんは
モバイルバッテリーの容量が足りないんだけど…」と思ったことはありませんか?

そんなときのおすすめのAnkerの「Anker Astro E7」を
自分が感じたままにゆる~く紹介します。

1、商品の詳細

大きさ

ズバリ、166 × 80 × 22mmです。
って言っても分かりにくいですよねw

そう思ったので写真を用意しました。
右側はiPhone6です。
これを見るだけでも大きいですよね~。

重さ

重さは485gです。


↑の「Anker PowerCore 10000」という商品が180gなので

いかに「Anker Astro E7」が重いかわかりますねw

容量

タイトルにもあるように容量は26800mAh

26800mAh
というのは理論上iPhone6を10回充電できます。

10回も充電ができるなら数日程度の外泊なら
これ一つ持っておくだけ安心して過ごせますね。

PowerIQ搭載

PowerIQというのはAnkerの開発した独自技術です。
このPowerIQというのは、

充電ポートに接続された機器を自動的に検知し最適な電流を送る
というものです。

最適な電流を送るということは最速で充電することができるので、
急いで充電したいというときにも使うことができます。

PowerIQが搭載されているものには

↑の画像にあるUSBのところにあるIQ という文字が書かれています。

もしかしたら今現在あなたが持っている商品にもついているかもしれませんよ?
気になったら確認してみるといいかもしれませんね。

2、他の商品との比較

まずは私が持っている商品と比較画像です。

やっぱり大きいですよね。

では次にスペックの比較をしてみましょう。

比較しやすくするために先ほど紹介した
Anker PowerCore 10000」と比べてみます。

「Anker PowerCore 10000

●容量:10000mAh
●入力:5V/2A
●出力:5V/2.4A
●出力ポート数:USB×1(PowerIQ搭載)
●サイズ:約92×60×22mm
●重さ:約180g
●価格:Amazon価格 ¥ 2,599

「Anker Astro E7」

●容量:26500mAh
●入力:5V/2A
●出力:5V/4A
●出力ポート数:USB×3(PowerIQ搭載)
●サイズ:約166 × 80 × 22mm
●重さ:約485g
●価格:Amazon価格¥ 4,999

こうしてみると大きくて重いのが分かりますね~。

でも、出力ポートが3つあるのは一気にいくつかの端末を充電をできるので
家族で使う場合や、複数の端末を持っている人には
良い機能なのではないでしょうか?

価格もそこまで高いわけではないではないです。

3、実際に使ってみた感想

使ってみて良かったなと思える点は
大容量で充電する回数が少なくなるという点です。

私はあまりマメではないので、よくモバイルバッテリーの充電を忘れてしまいます。

そんな人でもでもこれだけの容量であれば毎日充電しなくても
数日間過ごすことが可能です。

最近少し人気が下がってきましたが、ポケモンGO をする時もこれ一つあれば

「一日中外でポケモンを捕まえまくる」ということもできます。

今まで複数のモバイルバッテリーを持っていた人は

Anker Astro E7」一つにしてみてもいいんではないでしょうか?

4、購入はこちら↓↓↓

この記事が少しでも良いと思ったらシェアお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です