東芝、17時間駆動・約1.1kgの2in1PC「dynabook V」シリーズを発表

この記事が少しでも良いと思ったらシェアお願いします。

東芝クライアントソリューションは、2016年冬モデルの新商品として、12.5型液晶搭載2in1コンバーチブルPC「dynabook V」シリーズを12月9日から順次発売する。

筆者が注目した特徴は以下の3つだ
1.ディスプレイ部が360度回転してタブレットに
2.約15.4mmの薄さと約1.099kgの軽さ
3.30分の充電で約7時間駆動できる「お急ぎ30分チャージ」

1.ディスプレイ部が360度回転してタブレットに

dynabook_v_01 dynabook_v_02

本製品は、ディスプレイ部を360度回転でき、PCからタブレットへ素早く変体できる。また、「Corning® Gorilla® Glass 4」を採用している。「Corning® Gorilla® Glass 4」とは、擦傷、落下、衝撃による傷への耐性が高いことで有名の強化ガラスである。なので、うっかりと落としてしまっても安心だ。

2.約15.4mmの薄さと約1.1kgの軽さ
dynabook_v_03

本体の厚さが約15.4mm、重さが約1.1kgと薄型軽量。筐体の設計では、独自の配線ガイドラインを用いた基板設計に加え、部品の配置を最適化する高密度実装技術や、薄型化と軽量化、堅牢性を支えるシミュレーション技術を用い、筐体の薄さ、軽さと強さのバランスを最適化したそうだ。

3.30分の充電で約7時間駆動できる「お急ぎ30分チャージ」
dynabook_v_04
本製品の一番の目玉といっても過言ではないであろうと思われる機能は、「お急ぎ30分チャージ」であろう。わずか、30分充電しただけで約7時間も動作することができるのは驚きである。これで、外出中にバッテリー残量が少なくなっても、近くのカフェなどですぐに充電できるだろう。

「dynabook V」シリーズのラインナップは4モデルある。CPU・メモリとSSDの容量で違いがある。
最上位機種のV82は、Corei7-7500U 2.70GHz、8GBメモリ、SSD512GB予想実売価格は23万円前後。
V72は、Core i5-7200U 2.50GHz、8GBメモリ、SSD256GB、20万円台半ば。
V62は、Core i5-7200U 2.50GHz、8GBメモリ、SSD128GB、18万円台後半。
V42は、Celeron®(型番・クロック数不明)、4GBメモリ、SSD128GBで16万円台後半となる。

また、これとは別に東芝ダイレクトで購入することのできる、Webモデルは店頭向けと少々スペックが違うので注意が必要だ。

・関連リンク
dynabook Vトップ| 東芝dynabook(ダイナブック)
2 in 1モバイルノート VZシリーズ | 東芝ダイレクト

この記事が少しでも良いと思ったらシェアお願いします。

コメント

  1. Janaya より:

    I have most of the body worked out, but I am awful with beginning narrative stories. Should I lead into it with a quote, or an atppitnon-griteing short statement? I’m writing about the park next to my house where I’ve been frequently throughout my entire life. A little push in the right direction would be greatly appreciated!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です